ゆっくりと、楽しみながら、妥当な「自由で幸福な社会」へのヴィジョンを探るブログ
2017.02.09
過去エントリ:樋渡系政治家リスト、首長篇 — リバタリアニズムの事例研究#6.0のリストに挙げてあるとおり、大阪府柏原市の前市長:中野隆司氏は根っからの「樋渡系」市長であった。
維新系であるということは100%樋渡系で、樋渡系であるということは100%維新系であるのだから驚くには当たらない。
性的不品行を大々的に報道され、市議会から問責決議を受け市民からリコール運動を起こされたにも関わらず、任期満了で退任したのを見れば、「大阪府や柏原市は維新/樋渡系の領土。罪を犯せば犯すほどその権力や声望はいや増す」と、大阪府や柏原市、その住民/有権者が全国からの侮蔑と嘲笑の的となっても仕方あるまい。
※1



その中野隆司氏も、さすがに自身の悪逆・醜悪な正体がバレて2期目の当選など叶うまいと悟ってか、来る2017年2月12日投票の柏原市長選への出馬を断念したが、その遺志を受け継ぎ中野隆司氏&大阪維新の会の応援を受ける冨宅(ふけ)正浩氏という候補がいる。
中野氏と同様に、樋渡啓祐氏の熱心な信奉者であったふけ氏の、柏原市議時代からの信奉・心酔・お友達っぷりは、端的に次のようなフェイスブック・ページからも容易に知れる。

http://archive.is/3GHkj
2015/08/26のふけ正浩氏のフェイスブック投稿(ウェブ魚拓)
【柏原市まちの魅力発見塾】
「先日、元武雄市長の樋渡さんが柏原市にお越しくださり、まちの魅力発見塾が開催されました」
「ふるさとスマホを活用し、地方創生(観光や商店街)、見守り(安否確認)、健康促進(健康ポイント、民生委員さんの負担軽減)などを推進」
「ちなみに、樋渡元市長が僕の右横腹をくすぐってこられたので、面白い顔になってます!(笑)」

「ふるさとスマホ」で検索してみれば、このCCC社と樋渡啓祐氏のビジネスごっこに等しい児戯がまともなスマートフォン・ユーザ及びウェブ・ユーザからはまったく相手にされない高齢者騙しのトンデモ商売であり、なおかつ個人情報・行動データを秘密裡に吸い出し外部の営利企業体に切り売りするプライヴァシー侵害行為に依拠した反社会的・詐欺的商売であるのは知れる。
こんな話に乗ったのは、全国のマヌケ及び/もしくは悪辣な議員・首長・行政職員のみにとどまるのであり、今ではそのマヌケa/o悪辣な人々も「頭を低くして見つからないようにやり過ごそう」とばかりにすっかり口をつぐんでいる始末である。
柏原市民やその近親者であるあなた自身が情報弱者であるがゆえの犠牲者とならずとも、あなたの父母・祖父母が高齢者であれば、この自治体行政自身が推し進めてくる詐欺商法・人体実験の被害者となるのも時間の問題であろう。
市民、有権者、その近親者であれば、ふけ正浩氏のツイッター・アカウント @fuke_m に今のうちに聞き質しておいたほうがよろしかろう。



ちなみに、「樋渡系」の常として、樋渡啓祐氏ご当人がそうであるように、この柏原市長選候補:ふけ正浩氏もまた、一方通行の自己宣伝のためだけにツイッターを使っており、そこには政見やヴィジョンのなさ、そして、都合の悪い意見は見なかったことにして「逃げ切り」を期待して押し通す、非・政治家の一般市民/国民への軽視と恐怖心が見える。

https://twitter.com/fuke_m/status/825281372365262848"
このアカウントが2月の柏原市長選挙に立候補予定の「ふけ正浩」のアカウントです。私はSNS、Twitterの力を信じています。皆様、ご承知おきをよろしくお願いいたします。

https://twitter.com/demosthenesZ/status/827968607460089856
@fuke_m
おおかた「樋渡系」であろうこのふけ正浩とかいう御仁は、勿論「SNS、Twitterの力を信じて」などいない
なんなら次の質問に答えてみては?
・あなたは樋渡啓祐氏をすばらしい政治家だと思いますか?
・あなたは所謂「ツタヤ図書館」を柏原市に導入しようと思いますか?


https://twitter.com/fuke_m/status/828229932799160320
【柏原市長選挙立候補の報告】 私、ふけ正浩は、本日告示された柏原市長選挙へ、立候補しました。大阪維新の会松井一郎代表、そして同い年の吉村大阪市長も柏原に応援に来ていただきました。 これまでの活… (URL)

https://twitter.com/demosthenesZ/status/828543849945391104
@fuke_m
ふけさんはツイッターでの発信がお得意でないようなので
微力ながら応援させていただきます
樋渡啓祐さんとの同志関係も喧伝なさっては?
http://archive.is/3GHkj
【柏原市まちの魅力発見塾】
「先日、元武雄市長の樋渡さんが柏原市にお越しくださり」

https://twitter.com/demosthenesZ/status/828545285563441152
@fuke_m
http://archive.is/3GHkj
【柏原市まちの魅力発見塾】
「・ふるさとスマホを活用し」
「樋渡元市長が僕の右横腹をくすぐってこられたので、面白い顔になってます!(笑)」
「佐賀の橋下徹」こと樋渡啓祐さんへの崇敬も、ちゃんと柏原市民に伝えないと!



もちろんふけ正浩氏は答えないし、答えられない — 答えるとボロが出るからだ。
「SNS、Twitterの力を信じて」などいないからこそ、あの樋渡啓祐氏と同様に、ツイッターというインタラクティヴなツールをまともに使う術を知らないのである。
「選挙」や「政治」に関してもまた同様。
もし当選でもしようものなら、「イヤならよそへ行けばいい」「イヤなら選挙で落とせばいい」とばかりに、有権者・議会のことなどお構いなしの「樋渡流独裁政治」を押し通すことだろう。
「自分は維新及び樋渡啓祐氏両方の、心からの信奉者」というのでない限り、ふけ正浩候補に投票し当選させる理由はないのである。



※1 一例までに
妻以外の女性と…柏原市長に議会が問責可決|日テレNEWS24 2015/09/14

また
中野隆司 - Wikipedia
"2015年(平成27年)9月、自身の妻ではない複数の女性との交際疑惑が週刊誌などで報道される。7月と8月にそれぞれ別の女性と大阪市内のホテルなどにいたことが記者の追跡で判明した。同年9月14日、柏原市議会はこれを受けて、中野に対する問責決議案を全会一致で可決した。9月15日、中野は大阪維新の会の顧問を辞任。11月24日、市民グループはリコールの署名活動を開始した(署名が規定数に達せず12月23日に市民グループはリコールを断念した)。"









にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ     
にほんブログ村   社会・経済(全般) ブログランキング


プライバシー・ポリシー

プロフィール

Author:demosthenesZ
第一にリバタリアン。
次に、順不同でリベラリスト、コミュニタリアン。
ゆっくりと、楽しみながら、妥当な「自由で幸福な社会」へのヴィジョンを探っていきます。
Twitterでも@demosthenesZ

スポンサード リンク






全記事表示リンク
検索フォーム
最新コメント